Sarah logo
Tel:03-6228-7068
Weekday 11:00-22:00
Holiday 10:00-20:00

31歳杉村圭太のわくわく学生生活その8

 

こんにちは、銀座1丁目の美容室、

sarah hairの杉村圭太です。

 

image3

 

昨日も、週1回通っている、資生堂のメイク学校に行ってきました。
(実習室の様子)


今回は、パーソナルメーキャップという授業の3回目で、

 

『クール』というテーマでモデルさんのヘアとメイクを仕上げます。

 

モデルさんは、この全4回ある大事な『パーソナルメーキャップ』全てでモデルを務めていただく元々一緒に働いていた『あきよさん』。

 

image4


毎回、メイクの仕上がりを先生にケチョンケチョンに言われてきたのですが、

 

今回は『今までで1番いい!』とほんの少しだけ褒められたので、

 

ちょっと安心しました。

 

学校が終わった後は、9月にある『卒業制作』で使うウィッグ(かつら)など見に、

 

クラスメイトと原宿へ。

 

僕+女子4人だったのですが、美容師女子の寄り道の仕方は尋常ではありませんので、

 

なかなか目的地に辿りつきません。

 

アリスショップ、ドクターマーチン。。

 

そして、コム・デ・ギャルソンに立ち寄りたい女子4人。

 

『1人だったら絶対に近寄らないもんなぁ。。』

 

『あっビートルズのTシャツだ、ビートルズは好きだけど、こんなTシャツ普段は着ないだろうなぁ、、。』

 

そんなことを考えながら、僕が洋服屋さんでできる一通りの時間つぶしを終えても尚、

 

彼女たちのウィンドウショッピングは一向に終わる気配がありません。

 

次から次へ洋服を手に取り、ずんずん奥に進んで行くその勇敢な戦士の様は、

 

僕の予想を遥かに凌駕するものでした。

 

僕は今年で美容師歴13年目ですが、

 

美容師女子たちのポテンシャルが全然わかっていないようです。

 

image2

 

宿題でもやり始めようかなぁと思うくらいの時間が僕の中で過ぎた頃、

 

ちょっと様子を見に近寄ってみると、

 

どうやら2人はお買い上げするそうです。


良いものが見つかったそうで、とてもご満悦な様子です。

 

しかし、なんとその数分後、信じられないことが起こります。

 

その購入するものが決まった女子2人が、

 

あたかも昔からそこで働いていたかの如き店員さんのような空気感を纏い、

 

全力で僕に商品を勧めてくるなんて、想像だにできますでしょうか??

image1


このジャケット、パンツ、僕は絶対着ません。

 

しかし、店員3人が畳み掛けます。

 

メンズ店員さん『僕このジャケット全然着こなせなかったんですよ。こんなに似合うなんて本気で嫉妬しゃちゃいますね~』

 

女子A『そんなにスタイルいいんだから、これ着ないなんて本当にもったいない!!』

 

女子B『圭太くんがこれ着てたら私好きになっちゃうかも~』

 

僕『………。』

 

このジャケットの中にも少し斬新なシャツを着ているのですが、

 

それだけ買ってなんとかこの場を収めて帰りました。

 

杉村

 

 

 

IMG_9275

 

Keita Sugimura Owner of sarah hair salon GINZA

国内外、数々の美容コンテストに優勝、入賞した後、

2009年渡英。Londonの人気サロンTop Stylistを経て、

2014年銀座に『sarah hair』をOpen。

得意技術として、一気にバッサリとロングからショート、ボブに切るスタイルチェンジから、

くせ毛、ミディアム、ロングの柔らかい質感調整、顔周りの繊細なデザインまで、

様々な髪質に対応してきた経験から、パーソナルに合わせたご要望に限りなくお答えいたします。

また、痛まない弱酸性美容『ベルジュバンス』をはじめとした、種類豊富な薬剤を取り扱い、

その『ベルジュバンス』で唯一『デジタルパーマ』の施術もできる等の、

他店では取り扱っていない、様々なお客様個人のライフスタイルにあわせた施術をさせて頂くことも可能です。

 

 

Resarvation

 

Map 

 

Recruit

 

※また、LINEによる「髪や美容(やその他なんでも)」に関する無料相談サービスを24時間365日受け付けています。
コチラからどうぞ↓↓

LINE ID:meita33


2016-06-15 19:02

Comments are closed.